睡眠障害は心身の調整で改善

2018/08/03

メンタネヘルス対策の専門家というと、
カウンセラーなのかと思われてしまいますが、
メンタルヘルス対策=感情コントロールということではないんです。

メンタルヘルスは、あらゆる面からアプローチをしていくことが有効です。

例えば、身体を調整して健やかな身体を作れば、自ずと心も整い落ち着いてきます。

昨年、Matsuda Hiroshi先生の考案されたナカメ式足指バンドエキスパート装着士の資格を7月に取りました。

私は、もう
15年ほど、
野口晴哉先生のお弟子さんだったという整体の柳川先生に継続して施術をしてもらっています。
なので、基本的には、それほど身体は歪んでない方なのですが、

今回は、自分用というより、人にやってあげれたらいいな、と思い、教えて頂いたものです。


何故か、メンタル不調の人には、身体や顔が歪んでいる人が多いのです。
私は、メンタル不調の人と面接するときは、まず、その方の身体の歪みを見るようにしてます。


ナカメ式足指バンドの理論は、明快です。
例えば、4本足のテーブルや椅子の足は、
どれかが短いことで、ガタガタします。

人間は、足の指で身体を支えています。
だから、身体が歪んでいる場合、
指のどこかを少し補強してあげるだけで、
身体のバランスが取れるようになるのです。


いくつかの簡単なポーズを取ってみてもらうだけで、
どの指を補強
(足指バンドをはめる)かが、わかります。

本当にビックリしますが、
正しい指にバンドをはめるだけで
バランスの良い身体になることが、その場でわかります。


実は、先週火曜の夜に、
鈍臭く、階段を上っている時に、
左足の人差し指を思い切り、
階段にぶつけ、突指をしてしまいました。

階段で足が上がりきってなくて、「痛たた!」
と、ぶつけても、数分もすれば痛みは消えるはず・・
が、今回は全く痛みが治まらない。

寝てても痛い。
朝になっても、痛い。


その日は顧客訪問日なのに、
これでは、靴が履けないぞ・・泣

足を、床に着くと痛いけど、
腫れも熱もないみたいだから、
単に突指みたいなもんだろうから、
医者に行くほどでもなさそうなんだけど。


それにしても、
足の人差し指に力を入れられないという状態は、歩くのには、とても不便だということを初めて知りました。

そこで、思い出したのが、足指バンド。
指を軽く固定すれば楽になるのではないか。

ぶつけた人差し指に、
バンドをはめてみました。
なかなか良い感じです。

他の指にも色々はめてみて、
左足の小指にも装着。
これで、だいぶ、支えが強固になりました。
さらに、右足の人差し指と中指にはめると身体のバランスが良くなり、かなり楽に歩けるようになりました。

なんとか一足だけ、痛みなく履ける靴も見つかり顧客先を訪問することができました。
足指バンドが無ければ、タクシーのコースだったかも。

一週間程経つと、痛みはドンドン和らいで、
ほとんど、支障は無くなっていました。

足指バンドを持ってて、本当に良かったなあと、感謝しました。

身体の歪みは万病の元です。

身体が歪んでると、身体の中心から、雑巾を絞るような形で、身体が捻れているそうです。

そんな身体のくせになっていると、身体の中心から、
対極にある心臓や、盲腸に負担がかかるそうなんです。本来ある位置に臓器が収まってない状態ですから。

それで、心臓は苦しがって不正脈を起こしたり、
盲腸炎になったりするそうなのです。


もし、腰が痛い、足が痛いという方がおられたら、その症状の原因は、身体の歪みのせいかもしれません。

ナカメ式足指バンドでは、矯
睡眠障害も研究されていて、
睡眠障害解消できる指も見つけておられ臨床されいます。
不眠の方に、睡眠薬を飲む前に、是非試していただきたいですね。
身体には、何の副作用も無いのがありがたいです。