コロナウイルス対策

2020/02/28

前回のプログでは、
コロナウィルスの感染が拡大しないようにと願っていましたが、
日増しに、感染は拡大しており、
今後も収束の様相は見えてきません。

労働衛生コンサルタント試験を受けていた頃に、
関連知識として、(一社)リスクマネジメント協会認定の
CRM資格も取ってみたのですが、
その試験項目の一つに、BCP(事業継続計画)がありました。

その頃、世界的に、
新型インフルエンザが流行するだろうという危機感を大きくしてきていました。
パンデミックですね。

企業の危機意識は、
工場閉鎖による、原料や部品の欠品による生産停止に対するリスクヘッジ。

日本のBCPの先駆者である(一社)レジリエンス協会理事の黄野吉博先生が、リスクマネジメント協会の定期講演にゲストで来られたので、講演後、直接お話をしてBCP構築のコンサルをお願いして、
対策本部を立ち上げ、教えて頂きながら、BCP対策を作りあげていきました。

BCPについては、忘れかけていたのですが、
「天災は忘れた頃にやってくる」ですね。

BCPは、地震や台風対策としても必要です。

地震・台風、日本は付き合っていかざるを得ません。

しかし、
感染症の流行は、地震や台風とは違い、
人災の部分も多いのです。

家族や、勤務先、住む街の人々に、感染が広がらないよう、11人が、できる限りのことをしたいですね。